スポンサードリンク

シモン芋

シモン芋が、花粉症の症状緩和に効果があります。シモン芋とは、南米大陸のミナス・ゼライス州原産の、サツマイモと同じヒルガオ科の根茎植物です。シモン芋は、現代社会にその存在を紹介した、ブラジル国立農科大学のシモン教授にちなんだ呼称で、カイアポイモ、白サツマイモ、白甘藷とも呼ばれています。



花粉症は、ビタミンD不足が原因のひとつとされています。シモン芋は、100gあたり0.41mg(410μg)ものビタミンDを含んでいます。これは、440μgの きくらげ(乾) に次いで多い含有量です。



ビタミンDが欠乏すると免疫のバランスが崩れ、異常な免疫反応を引き起こし、これが花粉症のアレルギー症状を引き起こすだけでなく、喘息(ぜんそく)、リウマチなどの発症にも関与していると考えられています。



ビタミンDは、太陽光に当たることで体内で合成できるビタミンです。しかも、脂溶性であることから体内の脂肪層にある程度蓄積することが出来ます。ですから、週に3回、10分から20分間、肌を直接日光に当てるだけで充分な量を確保できます。



ビタミンDの摂取基準の目安量は、成人(男女) 5.5μg(200IU)/日、上限量が50μg(2,000IU)/日とされていますが、太陽光から隔離されるような環境、例えば、潜水艦の乗組員での調査では400IU/日の摂取でも血中ビタミンD濃度を適切に維持できないとの報告があります。



したがって、肌を直接日光に曝すことの少ない現代人は、ビタミンDを積極的に摂取する必要があるといえます。



シモン芋は、きくらげとともに、ビタミンDを大量に摂取できる食品のひとつです。花粉症のつらい症状で悩んでいる方にはおススメです。



シモン芋 最新一覧 By 楽天



サーファーに花粉症はいない 最新一覧 By 楽天
タグ:シモン芋
| シモン芋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク









洗える抗菌 鼻マスク【マスクシェル】


アトピー・アレルギーの方の為の、インターネット 総合デパート「アレルギー生活改善総合研究所」





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。