スポンサードリンク

カモミール

カモミールがアレルギー性鼻炎など花粉症の症状の緩和に効果があるようです。カモミール(英: chamomile 、あるいはカモミーユ(仏: camomille)、学名: Matricaria recutita)は、キク科の耐寒性一年草で、ヨーロッパから西アジアにかけて分布しヨーロッパで最も歴史のある民間薬とされるハーブで、和名をカミツレともいいます。



カモミールには、抗炎症作用、鎮静作用、抗菌作用、消化管の健康を維持する効果などがあるといわれていて、花粉症の症状緩和に効果があるとされています。



カモミールの精油には、アズレン(azulene)、ビサボロール(bisabolol)が含まれていて、他にも、カマアズレン(chamazulene)、ファルネセン、フラボノイドとして、ルチン、クエルシメトリン、アビゲニン、そして、クマリン(coumarin)、植物酸(吉草酸)、脂肪酸、青酸配糖体、サリチル酸誘導体、多糖類、コリン、アミノ酸、タンニンなどを含んでいます。



カモミールに含まれているフラボノイド色素「アビゲニン」に抗酸化作用があるためカモミールティーに活性酸素が原因のアレルギー症状や、生活習慣病、がん、などの予防効果が期待されています。



アズレン誘導体は穏やかな抗炎症作用や抗菌作用を持ち、副作用がほとんどない安全な成分で、アズレンを含む精油はカモミール・ブルーと呼ばれ、古くからヨーロッパで民間薬として用いられてきました。



カモミールの花に含まれる精油には、神経を鎮める作用があり、精神をリラックスする作用があるので、安眠に導き、疲労を回復する効果が知られています。



精油成分アズレンには、口腔粘膜から食道、胃腸までの、消化器系の粘膜の炎症を抑える作用があることから、カモミールティーを飲んだり、少し冷ましたティーをしばらく口に含んでおくと、歯肉炎・口臭予防に役立つとされています。

カモミール 最新一覧 By 楽天
タグ:カモミール

スポンサードリンク









洗える抗菌 鼻マスク【マスクシェル】


アトピー・アレルギーの方の為の、インターネット 総合デパート「アレルギー生活改善総合研究所」





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。