スポンサードリンク

つくしエキス

つくしエキスが花粉症の症状改善に効果があるといわれています。つくしは、不飽和脂肪酸類・フラボノイド類・コハク酸・オルニチン、ケイ酸サポニン類、葉緑素、ケイ酸、エキセトニン、ベータ・シトステロール、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、鉄、亜鉛、マンガン、銅などを含んでいます。



コハク酸は、コハク酸ドキシラミン(doxylamine succinate)が、ヒスタミン遊離抑制剤として知られていて、花粉症の時や、鼻水のひどい風邪等、アレルギー性の炎症反応の時に、経口薬として処方されています。



オルニチンはマクロファージの働きを促進し、免疫の働きを強めることが知られています。不飽和脂肪酸の一部の多価不飽和脂肪酸には、アレルギー症状の緩和を助ける作用があることが知られています。



フラボノイドとは、植物に含まれる色素成分の総称でポリフェノールを分類した際の1つのカテゴリーです。ポリフェノールの中で最も重要な成分で、花粉症の症状緩和に効果があるとされています。



つくしエキスのこれらの成分が総合的に働くことで花粉症に効果があると考えられています。しかし、効果は、ヒトによって異なるようです。



日本大学産官学連携知財センターのつくしエキスを加工した「つくし飴」のモニター調査で花粉症患者の6割になんらかの症状の改善が見られたという報告があります。



つくし(土筆)は、スギナの地下茎から生じる胞子茎です。つくしは、3月から4月の早春に生えてきます。スギナの地下茎から出てくる事から、つくしの効能は、すぎなと共通している部分も多いのですが、つくしにはすぎなの成分に加えて、つくしだけが持つ胞子成分が含まれているのが特徴とされています。



健康茶として、つくし茶とすぎな茶がありますが、こうした理由でつくし茶の方がすぎな茶よりも効能があるとも言われているようです。



つくし茶には、花粉症以外にも、解熱、利尿、鎮咳作用、結石・腎臓病の予防、潰瘍・がんの予防、自律神経失調症・老化防止、動脈硬化の予防、花粉症の予防、美髪、健康な爪、アンチエイジなどの作用があるといわれています。



つくし茶はカフェインが入っていない上に、味も飲みやすいため、時を選ばず、就寝前でも年齢にかかわらず誰でも気軽に愛飲出来るといえます。

つくし(土筆) 最新一覧 By 楽天



ぐずぐずしょぼしょぼがやってくる前に!「つくし飴」で対策を!

スポンサードリンク









洗える抗菌 鼻マスク【マスクシェル】


アトピー・アレルギーの方の為の、インターネット 総合デパート「アレルギー生活改善総合研究所」





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。