スポンサードリンク

エルダーフラワー

エルダーフラワー(Elderflower)が花粉症による、くしゃみ、鼻水、鼻づまりに効果があるとされています。エルダー(Elder)は、学名をSambucus nigra、和名を西洋ニワトコといいます。



原産地は、ヨーロッパ、西アジアとされていて、9メートルほどの高さになるスイカズラ科の落葉低木です。大きなものはまれに10メートル近くまで成長し、5月〜6月ごろに白い小さな花が房状に咲く姿が美しく、マスカットに似た甘い香りを漂わせます。



エルダーフラワー(Elderflower)というのはこの花を乾燥させたドライフラワーのことで、エルダーは、花以外にも根から実まですべてに薬効があります。花の含有成分は、ルチン、イソケルシトリン、精油、フェノール酸、フラボノイド配糖体、粘膜質などとされています。



ルチン(Rutin、ルトサイド、ケルセチン-3-ルチノシドとも)は、ビタミン様物質といわれるビタミンPの一種で、ケルセチンと二糖類のルチノースからなるフラボノイドですが、抗炎症効果や血流改善効果が知られていて、ドイツのコミッションEにおいても花粉症による炎症の抑制効果について効果が認められています。



エルダーフラワーは、古くから、鎮咳去痰薬として、利尿薬、強烈な峻下薬として用いられていたもので、喉の痛みを緩和するとして、風邪の引き始めなどの症状を和らげる効果があるハーブとして知られています。花粉症以外でも風邪が長引きやすい方、冷え性でお悩みの方、のどや気管などが弱い方におすすめのハーブです。



エルダーフラワーはハーブティー以外にも、シロップ、ワイン、シャンパン、ゼリーなど幅広く利用されています。また、エルダーフラワー・ウォーターが肌の美白とそばかすの除去に効果があるとも言われています。

エルダーフラワー 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク









洗える抗菌 鼻マスク【マスクシェル】


アトピー・アレルギーの方の為の、インターネット 総合デパート「アレルギー生活改善総合研究所」





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。