スポンサードリンク

フキエキス

フキエキスが花粉症の症状緩和に効果があるようです。フキ(蕗、苳、款冬、菜蕗)は、学名をPetasites japonicusといい、キク科フキ属の多年草で、日本原産です。茎は、地中で地下茎となり横に伸び、早春、蕗の薹(フキノトウ)と呼ばれるのはこの花茎です。



フキには、セスキテルペンの一種であるフキノンが含まれています。フキノンは、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンなどが体内で放出されるのを抑える「脱顆粒抑制作用」、鼻詰まりの原因となるロイコトリエンの放出を抑制する作用があるといわれています。



フキエキスは抗アレルギー成分のフキノール酸やフキノン等を抽出したものでオリザ油化株式会社が開発しているものです。マスト細胞からの脱顆粒抑制作用や、ロイコトリエンの放出抑制作用があり、さらに、TNF-α産生抑制作用があるとされています。



フキには、他にもフキ酸、クロロゲン酸、ジカフェオイルキナ酸などの抗酸化作用をもつポリフェノールを豊富に含んでいます。また、ポリフェノールの一つであるペタシフェノール(Petasiphenol)はγDNAポリメラーゼを特異的に阻害し、脈管形成を阻害する効果があるとされ、癌の治療や予防に効果があると考えられています。



蕗の薹(フキノトウ)にはルチンなどのケルセチン配糖体が含まれています。これらは、活性酸素の消去作用がある抗酸化物質で、動脈硬化などの種々の生活習慣病を予防すると考えられています。フキノトウにはこれらの物質が総量で100g当たり100〜170mg含まれています。



また、西洋フキ(Petasites hybridus)の根から抽出したエキスがアレルギー性鼻炎に対する症状改善効果があるとされています。有効成分はペタシンとされていて、フラボノイドなどに見られるマスト細胞からの脱顆粒抑制作用に加え、毛細血管や気管支の拡張作用及びロイコトリエン合成阻害作用を有し、副作用がないとされています。

フキエキス 最新一覧 BY 楽天
タグ:フキエキス

スポンサードリンク









洗える抗菌 鼻マスク【マスクシェル】


アトピー・アレルギーの方の為の、インターネット 総合デパート「アレルギー生活改善総合研究所」





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。