スポンサードリンク

ペパーミント

ペパーミントが花粉症の症状緩和に効果があるハーブとして知られています。ペパーミント(英名:Peppermint、学名:Mentha x piperita L.)は、シソ科ハッカ属の多年草で、原産地はヨーロッパ大陸です。メントール(menthol)を含むことで和名はコショウハッカ、あるいは、セイヨウハッカと呼ばれています。



ペパーミントが花粉症に効果があるのはこのメントールによる部分が大きいといわれています。メントールは、揮発性の精油成分で、鼻粘液排出作用や去痰作用があるので、花粉症の呼吸器系のトラブルの解消に役立ちます。



メントールには、ほかにも、生理的な作用として鎮痙・消炎作用があり、傷みと痒みを鎮めます。抗アレルギー作用・抗菌効果 ・経皮吸収促進作用 ・血流亢進作用などもあります。



メントールの鎮痒作用は、メントールが冷感を引き起こすTRPM8と呼ばれる受容体活性化チャネルを刺激することによります。熱い感覚や冷たい感覚は痒みの感覚を抑える作用があることで痒みを鎮めることができるといえます。



さらに、メントールは主に脊髄に作用して鎮痛作用に関わるとされているκ(カッパ)オピオイド受容体を作動させることによって鎮痛作用があるとされています 。



実は、ペパーミントには約1000種類の成分が含まれるといわれ、そのうちわかっているのはほんのわずかです。メントールもそのひとつに過ぎないんです。ペパーミントをハーブティーとして楽しむにはサイプレス、ティーツリー、ユーカリなどと相性がよいようです。さらに、ラベンダーとのブレンドで、頭痛が緩和する作用があるとされています。

ペパーミント 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク









洗える抗菌 鼻マスク【マスクシェル】


アトピー・アレルギーの方の為の、インターネット 総合デパート「アレルギー生活改善総合研究所」





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。