スポンサードリンク

オリーブの葉のエキス

オリーブの葉のエキスが花粉症の症状予防・軽減に効果があるとされています。花粉症は、本来は無害なスギ花粉などに反応して大量に分泌されるグロブリンという免疫抗体が、肥満細胞(マスト細胞ともいいます)の中に大量のヒスタミンが作られることから始まります。



ヒスタミンが肥満細胞(マスト細胞)内に溜め込まれて限界に達すると、肥満細胞(マスト細胞)の細胞膜を破って血清中に大量のヒスタミンが流れ出し、過剰な免疫防御反応によって各部に炎症が起こります。



オリーブ葉には、「オレウロペイン」という成分が含まれ、ヒスタミンの放出を抑える効果が知られていますが、オリーブ葉エキスを摂取すると、オレウロペインが胃酸によりエレノール酸に変わります。エレノール酸は、ヒスタミンの放出を抑える効果がオレウロペインよりも強い抗アレルギー効果を発揮すると考えられます。



さらに、オリーブ葉に含まれるフラボノイド配糖体であるクリソエリオールグルコシドに、ヒスタミンの放出を抑える強い効果があるとされています。



オリーブの葉エキスには炎症をおさえる作用もあります。特に、ヒドロキシチロシルは、強力な抗炎症作用があります。



これらのことから、オリーブの葉のエキスが花粉症に効果があると考えられます。オリーブといえば実から採れるオレイン酸が知られています。オレイン酸は、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールを下げる成分として注目されている植物油です。



オリーブの葉エキスに含まれるオレウロペインは、抗酸化剤であるポリフェノールの一種で、活性酸素に対する抗酸化作用があるとともに、細菌やウイルスなどに対する抗ウイルス作用があります。しかも、オレウロペインはウィルスを殺すだけでなく、細菌やウイルスが体内に侵入することに反応し、免疫細胞の働きを促進させる作用もあり、直接間接にわたしたちを守ってくれることを期待できます。



オリーブ葉の有効成分は、一般には刻んだ葉を煎じ茶にしてオリーブ茶として飲んでいます。オリーブ葉の抽出法が進むにつれ、6倍、12倍、20倍の濃縮しても成分を損なわずに、オリーブ葉エキスとして市販されてもいます。

オリーブ葉 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク









洗える抗菌 鼻マスク【マスクシェル】


アトピー・アレルギーの方の為の、インターネット 総合デパート「アレルギー生活改善総合研究所」





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。