スポンサードリンク

花粉症とブロメライン

ブロメライン (bromelain)は、花粉症対策に効果的とされていて、ケルセチン(quercetin)と組み合わせて使用することを推奨されてもいるようです。ブロメラインはタンパク質を消化する酵素として胃から分泌されていて、植物のパイナップルにも類似した成分が含まれています。



花粉症で悩む人の多くは、このたんぱく質消化酵素であるブロメラインの分泌が少ないために、食物の消化のために分泌したブロメラインのほとんどを使用されてしまい、末端の粘膜などにまでいきわたらないとされています。したがって、ブロメラインが届かないために未消化たんぱく質が鼻や目にフィブリンという弾性糸状タンパクとして溜まることで花粉症の炎症を引き起こしているとされています。



スギ花粉などに反応して炎症を起こす部位にフィブリンが溜まることで、血流の悪化を招き、炎症を起こした細胞の自己治癒力を十分に発揮できなくなるために、花粉症の症状が長引くという悪循環が起こります。ブロメラインがこのフィブリンを溶かすことで、滞っていた血流が改善し十分な酸素と栄養素が運ばれることで自己治癒力が高まり炎症が改善します。炎症を起こした細胞がもとの状態に戻ることで、花粉症のつらい症状が改善されるということになります。



ですから、ブロメラインを摂取することは、炎症部分に溜まったフィブリン等を溶かすことで花粉症の炎症部分の血流を上げて花粉症の辛い症状を改善する効果が期待されています。さらに、炎症のもうひとつの原因であるヒスタミンの分泌の抑制効果があることで花粉症の症状の軽減に効果があるとされています。そして、ケルセチンを併用することで花粉症に抵抗できる体質に改善することが期待できるとされています。
ブロメライン サプリ 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク









洗える抗菌 鼻マスク【マスクシェル】


アトピー・アレルギーの方の為の、インターネット 総合デパート「アレルギー生活改善総合研究所」





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。