スポンサードリンク

花粉症と乳酸菌

花粉症対策として、最も基本的なことは、毎日の食事で食物繊維や乳酸菌をしっかり摂ることではないかと思います。花粉症を引き起こすIgE抗体が暴走しないようにするには、腸内環境を良好に保つことが大切なわけですが、そのためには食物繊維と乳酸菌が大きな役割をしていると考えられます。つまり、花粉症には食物繊維と乳酸菌を毎日充分摂ることが必要と考えられるんです。


食物繊維は腸内を掃除して排泄物とともに排泄されますから毎日摂らなければなりません。そして、口から取り入れる乳酸菌も腸内に留まるのはせいぜい3日間ぐらいですぐに排泄されてしまうのでこれも毎日とる必要があるんです。ところが、東北大学院農学研究科の齋藤忠夫教授が人の血液型ごとに腸内に長期間とどまる乳酸菌があることを発見しました。


乳酸菌が腸内にとどまるには、腸管の表面に存在するムチンと呼ばれる物質(糖タンパク質)と結合する必要があります。そして、このムチンの糖鎖構造が、ABO式の血液型別によって性質が異なるために、それぞれに適合する乳酸菌が異なるわけです。


齋藤教授は、それぞれの血液型と相性の良い乳酸菌を探しだす事にも成功しています。つまり、A型の特性をもつムチンに結合するA型乳酸菌、同様にB型の特性をもつムチンに結合するB型乳酸菌というように、それぞれの血液型と相性の良い乳酸菌を見つけ出したわけです。


そして、それぞれの血液型に相性のいい乳酸菌を摂取することで乳酸菌が長く腸内にとどまり、より高い効果を得られると考えられるわけです。齋藤教授は、これを血液型乳酸菌と呼んでいるようです。


これは、ムチンという物質に注目した乳酸菌の相性診断です。しかし、今愛用している乳酸菌との相性を診断するには、一週間同じ乳酸菌を摂り続けて便の色を確認することです。便の色が、黒ずんでいなくて黄色に近い色ならばその乳酸菌は良く働いていて、あなたにあっているといえます。


乳酸菌サプリ 最新一覧 By 楽天


食物繊維サプリ 最新一覧 By 楽天



L-92乳酸菌 / ビヒダスBB536 / 乳酸菌KW3110株 / LGG菌 / L-55乳酸菌 / ケフィアヨーグルト

スポンサードリンク









洗える抗菌 鼻マスク【マスクシェル】


アトピー・アレルギーの方の為の、インターネット 総合デパート「アレルギー生活改善総合研究所」





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。