スポンサードリンク

ヒノキ花粉症

ヒノキ花粉症は、花粉症として一般的に知られるスギ花粉症とは、半月から一ヶ月ほど遅れて発症します。



そして、スギ花粉症で悩む人の7 - 8割程度はヒノキ花粉にも反応することから、スギ花粉症は、スギ・ヒノキ花粉症と呼んだほうがよいともいわれています。



しかし、ヒノキ花粉は、スギ花粉ほど実態解明が進んでいません。ですが、ヒノキ花粉においても、少飛散年の翌年は着花量が増加するという傾向が見られるようです。



ヒノキ花粉症の症状は、スギ花粉症と同じく、くしゃみ、鼻水、目のかゆみ、顔面や時に頸の皮膚の乾燥、刺激感、紅潮、落屑などが起こることがあり、他には耳の中が痒い、喉がイガイガするなどの訴えもあります。



人によって、スギ花粉よりもヒノキ花粉に激しく反応する人もあります。花粉症の症状が長引いている人は、ヒノキ花粉症の可能性が高いといえます。



ヒノキ(檜、桧、学名:Chamaecyparis obtusa)は、ヒノキ科ヒノキ属の針葉樹で、日本と台湾にのみ分布し、日本では本州中部(福島県)以南から九州まで分布し、古くから神社仏閣などに使用される高級木材として知られています。



そのため、スギ同様、人工林として多く植栽されていて、全国に生産地があり、各地に有名木材が存在することから、ヒノキ花粉症に悩む人が多いといえます。

ヒノキ花粉症 最新一覧 By 楽天


ヒノキ花粉症 / カナムグラ花粉症 / ヨモギ花粉症 / ブタクサ花粉症 / カモガヤ花粉症

スポンサードリンク









洗える抗菌 鼻マスク【マスクシェル】


アトピー・アレルギーの方の為の、インターネット 総合デパート「アレルギー生活改善総合研究所」





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。