スポンサードリンク

カナムグラ花粉症

カナムグラ花粉症は、カナムグラ(鉄葎、Humulus japonicus)の花粉によるアレルギー症状です。カナムグラはアサ科(以前はクワ科に分類されていた)、雌雄異株、つる性の一年草です。



カナムグラの花期は8月〜10月で、ブタクサ、ヨモギと同じく初秋(8〜10月)に花粉を飛散させる風媒花で、ブタクサ、ヨモギに次ぐ代表的な秋の花粉症の原因植物です。



カナムグラは、日本全国の原野・あき地・荒れ地・土手・道端などに生育する雑草です。非常に繁殖力が強く、茎はつる状で長くのび、茎や葉柄にある小さな無数のトゲで周りの木や電柱、ガードレール等に絡みついて生息しています。



カナムグラは関東に多く、9月上旬から10月下旬まで見られます。他の植物に強く巻き付いて生育するカナムグラは、雌株と雄株がありますが、花粉は秋の雄株から発生します。



カナムグラは、ビールの苦味付けに用いるホップと近縁の植物です。しかしカナムグラにはホップのような香りや苦味はないらしく、ビールには使えないようです。

カナムグラ花粉症 最新一覧 By 楽天



ヒノキ花粉症 / カナムグラ花粉症 / ヨモギ花粉症 / ブタクサ花粉症 / カモガヤ花粉症

スポンサードリンク









洗える抗菌 鼻マスク【マスクシェル】


アトピー・アレルギーの方の為の、インターネット 総合デパート「アレルギー生活改善総合研究所」





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。