スポンサードリンク

ヨモギ花粉症

ヨモギ花粉症は、秋の花粉症のひとつです。原因となるヨモギは夏から秋にかけ目立たない花を咲かせ、花粉が風で運ばれる風媒花で、飛散時期は8〜10月(東北以北では8〜9月、九州では9〜10月)です。



ヨモギ(蓬)は、キク科・ヨモギ属の多年草(高さ60〜120cm)で、市街地から山野にいたるまで、日本全国至る所に自生している日本人にはなじみ深い山野草で、葉は、艾葉(がいよう)という生薬名を持ちます。



したがって、ヨモギは、古くから、薬草として、あるいは食材として、さまざまに用いられてきた、とても身近な植物のひとつで抗アレルギー作用があるとも言われています。そんなヨモギの花粉が、スギ花粉のように花粉症を引き起こす原因物質となっています。



ヨモギ花粉症の人は、他のキク科花粉症と同様に、メロン、キウイ、バナナ、りんご等の果物やニンジン、セロリ、ピーナツなどを摂食した場合、口腔アレルギー症候群(食物アレルギー症状・果物過敏症)を起こすことがあるようです。



口腔アレルギー症候群とは、果物等を食べると、口腔粘膜や口唇にひりひりとする感じとか掻痒感が生じます。多くの場合、食べるのを止めると速やかに消失しますが、時に口の痒みだけでなく、鼻炎とかじん麻疹とかアナフィラキシーショックとかを起こす人もいます。



口腔アレルギー症候群の根本的な治療法はないようですが、リスクを知ることは出来ます。不安な人は、医師に相談することをおススメします。

ヨモギ花粉症 最新一覧 By 楽天



ヒノキ花粉症 / カナムグラ花粉症 / ヨモギ花粉症 / ブタクサ花粉症 / カモガヤ花粉症

スポンサードリンク









洗える抗菌 鼻マスク【マスクシェル】


アトピー・アレルギーの方の為の、インターネット 総合デパート「アレルギー生活改善総合研究所」





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。