スポンサードリンク

ブタクサ花粉症

ブタクサ花粉症は、秋の花粉症のひとつです。ブタクサ花粉の飛散時期は8〜10月(東北以北では8〜9月、九州では9〜10月)で、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、の症状が夏風邪と混同されやすいことで知られています。



ブタクサは、春の花粉症の原因のスギとは異なり、丈が低い草本植物ですから、花粉は数10mの範囲にしか広がりません。そのため、ブタクサが生えている場所に近づかなければ、かなり花粉を避けることができます。



基本的には、花粉が飛散していない時期に、ブタクサが生えている場所を確認しておき、花粉の飛散時期がきたらそこには近づかないようにすることが、ブタクサ花粉症予防には効果的です。



ブタクサ(豚草、学名:Ambrosia artemisiifolia)は、キク科・ブタクサ属の1年草で北アメリカ原産の帰化植物です。同じように花粉症の原因として知られるヨモギと同じ風媒花で、原因種は主にブタクサ、オオブタクサです。抗原性はきわめて強く、1961年に日本で最初の花粉症として報告されています。



ブタクサ花粉症を発症している人には、くだものアレルギーを併発することがあるようです。メロン、スイカ、カンタローブ、ズッキーニ、キュウリ、バナナなどを食べると、口のまわりやのどがかゆくなったり、目が腫れるなどの果物過敏症(食物アレルギー症状・口腔アレルギー症候群)を併せ持つ人が多いことが知られています。



これらのウリ科の植物とブタクサにはアレルギー症状を発症する共通の原因物質があると考えられています。ごく稀に起こることですが、一度に沢山のブタクサの花粉が体の中に入ることでアナフィラキシーショックを起こすことがあります。



アナフィラキシーショックは、急性アレルギー反応のひとつです。アナフィラキシーは、じんましんや紅潮(皮膚が赤くなること)等の皮膚症状や、ときに呼吸困難、めまい、意識障害等の症状を伴うことがあり、アナフィラキシーショックは、血圧低下等の血液循環の異常が急激にあらわれるショック症状のことで、生命をおびやかすような危険な状態に陥ってしまうことがあります。



したがって、ブタクサ花粉症の疑いがあるときには、医師の診断を受けることをおススメします。

ブタクサ花粉症 関連 最新一覧 By 楽天



ヒノキ花粉症 / カナムグラ花粉症 / ヨモギ花粉症 / ブタクサ花粉症 / カモガヤ花粉症

スポンサードリンク









洗える抗菌 鼻マスク【マスクシェル】


アトピー・アレルギーの方の為の、インターネット 総合デパート「アレルギー生活改善総合研究所」





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。