スポンサードリンク

カモガヤ花粉症

カモガヤ花粉症は、5月〜7月に見られる花粉症です。カモガヤというのは別名「オーチャードグラス」と呼ばれ、明治の初期に牧草として日本(北海道)に輸入されたイネ科の植物です。



そして日本の気候に合っていたため、いつの間にか全国いたるところで野生化して繁茂しています。イネ科の花粉も風に乗って飛ぶ風媒花なので、花粉の季節になると吸い込むことが多くなります。



カモガヤ花粉症は、5月の連休明け頃から症状が出始めますが、スギ花粉症ほど認知されていないことから、多くの人が花粉症とは認識していないことが多いようです。



症状も、スギ花粉症のように毎日のようにどこでも症状がでるわけでなく、カモガヤに身近に触れるごく限られた空間で花粉を吸い込むことで発症します。



また、この時期は気温が高くなり、マスクをしにくくなるなど防御しづらい花粉症でもあります。しかし、スギ花粉と違い、遠くから飛来することはあまりないことから近隣のカモガヤを花が咲く前に刈り取ってしまうことでかなり防ぐことが出来ます。



イネ科の花粉症には、ほかにも、オオアワガエリ、ハルガヤなどもあることから、先ず、医療機関でアレルギーの原因物質を特定することをおススメします。



イネ科の花粉症の特徴として、イネ科の食物、とくに小麦が症状を悪化させる傾向があります。イネ科花粉症の季節に、パンやうどん、フライなどを食べて、さらに運動をすることで、強いアレルギー症状を起すことがあります。



カモガヤ花粉症の人は、5月〜7月は小麦の食べ過ぎに注意します。その他、イネ科の油(米油、コーン油)およびその加工品の摂取も避けたほうが良いといえます。

花粉症 最新一覧 By 楽天



ヒノキ花粉症 / カナムグラ花粉症 / ヨモギ花粉症 / ブタクサ花粉症 / カモガヤ花粉症

スポンサードリンク









洗える抗菌 鼻マスク【マスクシェル】


アトピー・アレルギーの方の為の、インターネット 総合デパート「アレルギー生活改善総合研究所」





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。