スポンサードリンク

LGG菌

LGG菌が花粉症の症状緩和に効果があるといわれています。LGG菌とは、Lactobacillus GG菌というヒト腸内から分離された乳酸菌のことで、アメリカで発見され、フィンランドのバリオ社により商品開発され、日本ではそのライセンス・技術支援契約によりタカナシ乳業が商品開発を行っています。



LGG菌は、胃酸・胆汁酸などに強く、生きたまま腸内に届き、しかも、持続性乳酸菌とも呼ばれるほど腸管上皮へ付着して働く乳酸菌として知られています。マウスおよび一部ヒト臨床試験において花粉症などのアレルギー発症に深く関与している、免疫機構のIgE抗体を抑制する結果も得られています。



LGG菌が腸壁などへの強い付着性を持つのは、LGG菌の細胞の表面が小さな繊毛で覆われていることによります。細胞の表面に小さな繊毛をもっているのは、現在確認されている乳酸桿菌(Lactobacillus)の中ではLGG菌だけです。



LGG菌が腸管上皮に付着することで、からだの外から侵入した菌や異物が腸管上皮に接触するのを防ぐ作用が期待できます。そして、LGG菌の効果を直接腸に伝えることが出来、LGG菌が腸内に長時間く留まれるので、乳酸菌の機能を長く持続することが可能となります。



LGG菌発酵乳が腸管上皮の細胞の成長やアポトーシスを制御し、バリア機能を保護することによって、腸管上皮の健全性を保つことを可能にしていると考えられるという研究報告もあります。



そのため、LGG菌には、花粉症の症状緩和以外にも様々な健康効果が期待されています。また、LGG菌が持つ繊毛は、腸管内のウイルスにも付着することで、有害な細菌類を体外へ排出する作用があることが明らかにされています。

LGG菌 最新一覧 By 楽天



L-92乳酸菌 / ビヒダスBB536 / 乳酸菌KW3110株 / LGG菌 / L-55乳酸菌 / ケフィアヨーグルト
タグ:LGG菌
| LGG菌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク









洗える抗菌 鼻マスク【マスクシェル】


アトピー・アレルギーの方の為の、インターネット 総合デパート「アレルギー生活改善総合研究所」





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。