スポンサードリンク

レンコン

レンコンが花粉症の症状緩和に効果があるとする報告があります。レンコン(英: Lotus root)とは、漢字で蓮根と表記しますが、実は、蓮の根ではなく地下茎です。原産地はエジプト、あるいは中国とされています。はすね、蓮茎、藕などとも表記します。



レンコンには、花粉症などのアレルギー症状の原因となるIgE抗体の抑制作用があると和合治久(わごう はるひさ)埼玉医科大学保健医療学部教授・学科長により報告されています。



レンコンには抗酸化物質のポリフェノールであるカテキンやタンニンが豊富に含まれています。抗酸化物質は抗アレルギー作用を示すことが知られています。また、植物由来のポリフェノールを代表するカテキンなどのフラボノイドを一定量摂取することで、抗酸化作用や抗炎症作用、抗菌作用などの活性が現れることもわかっています。



特に、花粉症のアレルギー症状の原因とされるIgE抗体の産生を抑えたり、肥満細胞からのヒスタミン放出を抑制する作用もあることから、レンコンが花粉症の症状緩和だけでなくアトピー性皮膚炎にも効果が期待されています。



ポリフェノールの一種タンニンは、レンコンの切り口の変色を早めることで知られています。タンニンは消炎や止血作用があり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍にも効果が期待できます。また、おろし汁を使って鼻血や咳、ぜんそくの発作止めなどの民間療法に利用されてもいます。



レンコンの主な栄養分は糖質(デンプン)で、体内でエネルギーとなって体を温めてくれます。そして、 ビタミンCが100g中48mgも含まれていて、これはレモン果汁並みです。しかも、ビタミンCは熱に弱いのですが、デンプンが多いため加熱しても相当量のビタミンCが残ります。



ビタミンCは、コラーゲンの生成に欠かせませんし、抗酸化作用等があり抵抗力を高めることから、疲労回復・美肌効果・風邪の予防・発ガン物質の抑制などの効果が期待できます。



レンコンは、カリウムや鉄、銅、亜鉛などのミネラルを多く含みます。そして、不溶性の食物繊維が豊富で、便通を良くする他に腸内の発ガン物質を排出して大腸ガンの予防、動脈硬化や高血圧予防効果が期待できます。



また、レンコンを切ると糸がひきますが、これは納豆やオクラ・里芋などにも含まれる糖タンパク質ムチンによるものです。胃壁を保護し、タンパク質や脂肪の消化を促進します。その他滋養強壮にも効果があります。



レンコンは、レクチンを含みます。タンパク質の1種であるレクチンは、マクロファージという免疫細胞が細菌を見つけやすくなるように働きます。



レンコンの節の黒い部分には、野菜に含まれることが少ないビタミンB12を含んでいます。これは鉄分の吸収を助ける働きをします。このほかにも造血ビタミンと呼ばれているビタミンB6も含まれているので貧血の予防が期待できます。また、肝臓の働きを助ける作用があるとされています。



レンコンは、花粉症以外にも、単独で様々な効能を期待できる野菜ですが、和合教授によると、植物性乳酸菌(有胞子乳酸菌)とレンコンを配合して一緒に摂取すれば、さらに抗アレルギー性が、相乗効果となって強くあらわれると報告されています。



花粉症の方(630名)に対して、植物性乳酸菌とレンコン抽出物を含むサプリメントを摂取してもらい、血中のIgEの変化と花粉症の症状の改善度を調べた結果が報告されています。



報告では、およそ81%の方で花粉症の症状が改善されるとともに、アレルギー症状の原因とされるIgE抗体も減少したとされています。また、気管支喘息、アトピー性皮膚炎などの症状も改善されたと報告されています。



ただし、レンコンは、体質を変えるものではないようで、摂取を止めれば症状が出るようです。花粉症対策としては、例年症状が出る3ヶ月前から摂取して、症状が止まる頃まで摂取する必要があるようです。

レンコン サプリ 最新一覧 By 楽天
タグ:レンコン
| レンコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク









洗える抗菌 鼻マスク【マスクシェル】


アトピー・アレルギーの方の為の、インターネット 総合デパート「アレルギー生活改善総合研究所」





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。