スポンサードリンク

プロポリス キャンディ

プロポリス キャンディ が、花粉症や喘息、そして、風邪の初期症状に効果があるとされています。キャンディ状であることから手軽にプロポリスの効果を得られると人気です。しかし、人によってはニオイが気になるようです。



プロポリス(propolis)は、ミツバチが巣を細菌などから守るために、植物の樹脂液を加工してつくる自然の抗生物質です。語源は、ラテン語のpro(=前、防御)とギリシャ語のpolis(=都市)からなる造語です。



プロポリスは、ミツバチの巣の中を清潔に保つ抗菌作用があります。そのため、古くはミイラの防腐剤や切り傷の治療などに用いられ、現代でもヨーロッパや北アメリカなどでは、歯や歯茎の健康の為にプロポリスを噛む習慣が残っています。



プロポリスには分かっているだけでも100種類を超える成分が含まれています。なかでも有機物やミネラル成分は種類を豊富に含んでいます。例えば、銅、マグネシウム、鉄、カルシウム、アルミニウム、ストロンチウム、マンガンなど細胞の代謝に必要な役割を持つミネラルを含んでいます。



さらに、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンE、ニコチン酸、パントテン酸などや、アミノ酸、脂肪、有機酸、そしてフラボノイドなどの含有率が非常に高いものがあります。



また、ブラジル、ミナスジェライス州産のプロポリスは、アルテピリンC(artepllin-C)をはじめとする桂皮酸誘導体が多く含まれています。ほかにも、クレロダン系ジテルペン、ケルセチン、カフェイン酸フェネチルエステルといった成分も含まれています。



アルテピリンCは、免疫増強作用、抗腫瘍効果・発癌抑制、ヒト白血病細胞の増殖抑制効果、抗酸化作用など多くの作用が確認されています。これら注目の成分や、数多くの微量成分が複合的に作用し合い、プロポリスの効用を形づくると考えられています。



さらに、プロポリスに含まれているATP(アデノシン三リン酸)は、アデノシンにリン酸が3個結合したもので、物質の代謝や合成、運搬、生物の運動などの直接のエネルギー源になっています。



プロポリスが、風邪を引きやすい人、胃腸が丈夫でない人、元気が出ない人などにも効果があるのはこの成分が大きく寄与していると考えられています。



しかし、プロポリスは、ハチやハチの生産物にアレルギーのある人、特に喘息患者は使用禁忌といわれています。また、プロポリス キャンディのように経口摂取するのではなく、化粧品も含めて外用で用いた場合には、接触性皮膚湿疹を起こすことがあります。さらに、妊娠中・授乳中の安全性については信頼できるデータがないので摂取はさけるべきとされています。

プロポリス キャンディ 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク









洗える抗菌 鼻マスク【マスクシェル】


アトピー・アレルギーの方の為の、インターネット 総合デパート「アレルギー生活改善総合研究所」





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。