スポンサードリンク

ビヒダスBB536

ビヒダスBB536が花粉症の症状緩和に効果があるようです。ビヒダスBB536には、花粉症による目の不快な症状と鼻のかゆみが改善するという報告があります。



ビヒダスBB536は、ビフィズス菌BB536を配合している森永乳業株式会社のヨーグルトです。ビフィズス菌BB536(ビフィドバクテリウム・ロンガムBB536:Bifidobacterium longum BB536)は、健康なヒトの腸管から発見されたビフィズス菌で、整腸や感染予防などの機能をもちます。



花粉症が発症するのは、免疫細胞のTh1とTh2のバランスがくずれてTh2細胞が優位な状態になりIgE抗体を過剰に生産してしまうことが原因のひとつと考えられています。



Th1とTh2というのは、T細胞(T cell、T lymphocyte)というリンパ球の一種のヘルパーT細胞のことです。Th1という細胞はキラーT細胞やマクロファージに作用してそれを活性化して、細胞の活性を増強させる作用があります。 Th2は、B細胞や抗原提示細胞と協力して抗体生産を行ないます。



ビフィズス菌BB536は、Th1細胞を活性化させTh2細胞の働きを抑制することが知られています。Th2細胞の働きを抑制し、Th1とTh2のバランスを改善することで免疫応答性を改善する作用があることで花粉症の症状改善に効果があると考えられています。



ビフィズス菌は、善玉菌といわれ、これを増やすことで腸内菌叢を改善し、いわゆる悪玉菌を減少させる作用があります。悪玉菌には、カンジタ菌などの体調が悪いときなどに病変を起こす日和見感染の原因となるものがあり、カンジタ菌は、気管支喘息の原因ともなるといわれています。



ビヒダスBB536によって、ビフィズス菌BB536を摂ることは、Th2細胞の働きを抑制し、Th1とTh2のバランスを改善することで免疫応答性を改善する作用があり、腸内菌叢を改善し、悪玉菌を減少させる作用とともに、花粉症の症状改善に効果があると考えられています。



花粉症の症状緩和に効果があるとされるヨーグルトなどでは、多くが乳酸菌が主役ですが、ビヒダスBB536のようにビフィズス菌を主役にしたものは初めてといえます。



腸内菌叢を改善するには、ビヒダスBB536ヨーグルトを2週間食べ続けるだけでいいようですが、免疫系のTh1とTh2のバランスを改善するには、8週間〜12週間の摂取が必要なようです。

ビヒダスBB536 最新一覧 By 楽天


L-92乳酸菌 / ビヒダスBB536 / 乳酸菌KW3110株 / LGG菌 / L-55乳酸菌 / ケフィアヨーグルト

スポンサードリンク









洗える抗菌 鼻マスク【マスクシェル】


アトピー・アレルギーの方の為の、インターネット 総合デパート「アレルギー生活改善総合研究所」





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。